意外と知らない「仏教のどうして?」|(2)どうして、除夜の鐘は108回ならすの?

 

除夜の鐘は、除夜についていなかった

  

12月31日といえば、除夜の鐘です。大晦日の夜のことを年越しといいますが「除夜」ともいいます。この除夜に寺院で鐘をつくので「除夜の鐘」です。言葉の響きとしては「年越し鐘」より「除夜の鐘」、「除夜のそば」より「年越しそば」ですよね。

それはともかく、そもそも除夜の鐘の起源は中国の宋(そう)時代の禅寺にあります。当時は朝夕の一日二回、108つの鐘をついていたそうです。これが鎌倉時代の禅寺に勤行(ごんぎょう)として伝えられます。しかし、室町時代になると除夜にだけつくようになります。

では、108つは何を意味しているのでしょうか。108つは煩悩の数だといわれています。どうして108なのでしょうか? いくつか説がありますが、二つ紹介しましょう。

一つは「四苦八苦起源説」です。私たちを悩ます根源を仏教で「四苦八苦」といいます。実際は合計八つの苦しみのことですが、次のように計算します。

「四苦八苦」を「四九八九」と変換。そして、「4×9+8×9」となり、「36+72=108」となります。

二つめは「煩悩発生原因説」です。煩悩が発生する身体や心などの機能、思い、時間などから導きだされた計算方法です。次の4つをかけ合わせます。 

①煩悩を生む人の六つの感覚機能(目・耳・鼻・舌・身体・心) 

②六つの感覚機能が感じる三つの思い(好き・嫌い・同じ) 

③三つの思いの二つの内訳(きれい・きたない) 

④煩悩を発生させる三つの時間(現在・過去・未来)

したがって、「6×3×2×3=108」となります。  

(イラスト・村越英裕)

 

さて、そこで提案です。除夜の鐘を聞きながら、自分の煩悩をはきだしてみましょう。

ゴン〜ンンン〜。「年を取るのいやだよー」 
ゴン〜ンンン〜。「今年も新車は見送りかあ」 
ゴン〜ンンン〜。「畳替えできなければ女房だけでも替えちゃおうか」 
ゴン〜ンンン〜。「海外旅行に行きたかったなあ」

して、愚痴や苦悩、煩悩は次のように処理しましょう。

1、鐘の音が消えるのと同時にあきらめる。
2、忘れる。
3、振り向くのをやめる。

というわけで、 除夜の鐘の数は煩悩の数のことで、諸説ありますが、「四苦八苦起源説」(「4×9+8×9」)で計算すると108になります。(「煩悩発生起源説」で計算しても108です。)

そうだ、除夜の鐘を聞きながら、煩悩を書き出してみましょう。ひょっとすると108では足りないかもしれません。 

********

村越英裕(むらこし・えいゆう)
臨済宗妙心寺派・龍雲寺住職、同派布教師。1957年静岡県沼津市生まれ。二松学舎大学大学院修士課程修了。龍澤寺僧堂に入門、中川宋淵老師・鈴木宗忠老師(ともに故人)に師事。「やさしく」「わかりやすく」「楽しく」をテーマに仏教全般、禅宗関係について執筆活動を行う。著書に『禅から学ぶこころの引き算』(同文舘出版)、『ほんとうは大事な「お葬式」』(大法輪閣)、『超訳こころの禅語』(佼成出版社)、執筆監修書に『仏像と仏教』『よくわかる日本の仏教』『日本の仏教と十三宗派』『親鸞と歎異抄』(ともに宝島社)など多数

********