看取りの手びき 介護のこころ

看取りの手びき 介護のこころ

通常価格
¥1,320  (税込)
販売価格
¥1,320  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookend

 

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


最愛の人を失い、悲嘆に暮れる家族が後を絶ちません。医療現場でも「死別後の悲嘆」を緩和する取り組みが始まっています。「しかし、死別後ではなく死別前の対応こそが重要」と語る著者が、看取りの基本的な考え方と実践方法などを紹介します。



柴田久美子
1952年、島根県出雲市生まれ。福岡県の老人福祉施設に勤務。その後、離島での老人介護に魅かれ、1998年に島根県の知夫里島(知夫村)に移住。現在、NPO法人看取りの家「なごみの里」の代表を務める。

【目次】
はじめに
看取りの手びき
抱きしめて看取りたい/母の看取り/幸齢者の看取り/友人の看取り

介護のこころ

生あることに感謝して/今を生きる/心と心をつないで
絆を結ぶとき/魂のふる里へ/先人たちに導かれ
すべての命に感謝する心を/死は愛に包まれて
生き抜くことの尊さ/今も昔も変わらないもの
死は苦ではない/産まれ落ちたときの幸せを手に
瞳の奥の希望/小さな幸せを数えて/死を身近に置いて
呼吸を合わせて/手の温もりを感じて/希望と祈り
温もりの中に未来の光を/愛するとは
太陽のように生きて/大事なことは目に見えない

ISBN:9784333023295
出版社:佼成出版社
発売日:2008/5/15