コンテンツ追加のお知らせ

【2024年3月5日(火)】
庭野日敬平成法話集3 常に此に住して法を説く』 庭野日敬・著 ¥1,760(税込)
※読み放題プラン:3月5日(火) 10:00配信開始
※単品商品:3月5日(火)10:00販売開始


********

庭野日敬平成法話集3 常に此に住して法を説く』 庭野日敬・著 ¥1,760(税込)

作品紹介:東西冷戦の崩壊、湾岸戦争、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件……。混迷と不安の平成時代は、そのまま令和の日本社会へと繋がっている。
『法華経』は「それでも仏さまは、いまも絶えず法を説いている」と説くが、仏さまはどこで、どのような説法をしているのか。わたしたちは、どうすればその説法を聴くことができるのか。
著者は、わたしたちが身近に接する人の中に〈仏さま〉を見出すことができたとき、わたしたちは仏さまにお会いし、仏さまの説法を聴くことができると語る。そして、幸福や平和は、仏さまの声に導かれた一人一人の実践(菩薩行)とともに実現されていくという。
書名の「常に此に住して法を説く」は、『法華経』如来寿量品にある一節。既刊『菩提の萌を発さしむ』『我汝を軽しめず』に続く、庭野日敬平成法話集(全3巻)を締めくくる一冊。巻頭にカラー口絵付き。

庭野日敬
1906年、新潟県に生まれる。立正佼成会開祖。長年にわたり宗教協力を提唱し、新日本宗教団体連合会理事長、世界宗教者平和会議国際委員会会長などを務める。著書に『新釈法華三部経』(全10巻)『法華経の新しい解釈』『瀉瓶無遺』『人生、心がけ』『この道』など多数。1999年、入寂。(※略歴は刊行時のものです)

【目次】
◆はじめに 立正佼成会教務部

◆まえがき 暮らしに息づく法華経をつかもう 立正佼成会前理事長・徳島教会長 國富敬二

◆序 仏さまの説法を聞く

◆第一章 仏になる道を
・「仏になる」という意味
・仏さまから授かった心
・仏さまの懐に飛びこむ
・仏さまのような顔になりたい
・仏さまの良薬をいただく
・仏さまの子としての「当たり前」
・仏さまを恋慕する
・仏道を歩むために生まれて
・仏さまの道を歩める喜び

◆第二章 法華経をたずさえて
・法華経はすべての人を救う教え
・神仏の願いに適う生き方
・信仰の功徳とは何か
・仏語は実にして虚しからず
・当たり前のことを当たり前に
・神仏のご加護をいただく
・「一仏乗」の精神で歩む平和への道
・三界は安きことなし
・無価の宝珠を授かっている
・仏さまの子として生きる
・仏さまに近づく感謝と懺悔

◆第三章 仲間(サンガ)と歩めば
・心の土台を育む家族に
・家庭というサンガの役割
・感謝の言葉が心をつなぐ
・「普門」の心で豊かな地域社会を
・世界平和をめざして
・ともに説法を聞いた縁
・みんな仏さまの愛弟子
・桶の中の芋洗い
・道場修行の意味するもの

◆第四章 幸せは足もとに
・日々を幸せに過ごす
・「苦」を喜びに変えていく
・条件が悪いときこそ
・心が濁ったときは
・正直の道を行く
・大安心で生きるには
・三宝に帰依してみんな幸せに

ISBN:9784333007127
出版社:佼成出版社
発売日:2024/3/5