リンゴの心

リンゴの心

通常価格
¥1,320  (税込)
販売価格
¥1,320  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 

「絶対不可能」とされていた完全無農薬栽培の「奇跡のリンゴ」の生みの親・木村秋則氏と、天台宗の大僧正・荒了寛師による対談本。自然栽培農法を模索していた木村氏は、地面に這いつくばって土のにおいをかぎ、虫の動きを見つめるうちに、人間が薬一つで枯らしてしまう雑草にも大切な役目があること、本来の自然の姿とは、リンゴも虫も雑草もすべてが共に生かし、生かされて豊かにつながる世界だと気づく――。木村氏の自然観や理念を、荒師が仏教的な視点で“翻訳”し、また時にガイド役のように引き出すかけ合いが絶妙な一冊。

木村秋則(きむら あきのり)
「絶対不可能」とされたリンゴの無農薬・無化学肥料栽培法を、10年かけて確立。その軌跡が2006年にNHK「プロフェッショナル――仕事の流儀」で紹介され一躍時の人に。現在、(株)木村興農社代表を務めるほか、国内外への農業指導や講演活動も行う。リンゴ栽培にかけた情熱を描く映画も公開予定。
荒 了寛(あら りょうかん)
1928年福島県生まれ。
10歳で得度。大正大学大学院博士課程修了。
73年より天台宗ハワイ開教総長。ハワイ及び米国本土への布教、日本文化の浸透、日米の友好関係づくりに貢献。
その功績により2011年外務大臣表彰を受賞。
独自の画法による仏画と心にしみる人生訓は、国内外を問わず高い人気がある。

(※略歴は刊行時のものです)

【目次】
リンゴにも心がある?
食べ物は心に影響を与える
生かし、生かされ、生きる
神仏の操り人形
無農薬栽培への挑戦
絨毯のような山の土
「リンゴを実らせてください」
自然の摂理に適った「お手伝い」
農薬と肥料の魔力
ノウハウではなく姿勢を育てる
心を育てる
「幻の城」に導かれて
幸せの尺度
「求めざるに自ら得たり」

ISBN:9784333026036
出版社:佼成出版社
発売日:2013/5/21