原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話

原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話

通常価格
¥1,210  (税込)
販売価格
¥1,210  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookendbookend

 

お釈迦さまの言葉に最も近い経典といわれるパーリ語「ダンマパダ」。日本では「法句経」として知られる経典をもとに、スリランカ仏教界の長老が上座仏教のエッセンスを語る。

アルボムッレ・スマナサーラ
1945年4月、スリランカ生まれ。スリランカ仏教界長老。1980年に来日。 駒澤大学大学院博士課程を経て、現在は(宗)日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事。 ブッダの根本の教えを説き続けている。 著書に『原訳「法句経」一日一話』(佼成出版社)『なぜ、悩む!』(サンガ)『希望のしくみ』(宝島社)『ブッダの智慧で答えます生き方編』(創元社)などがある

【目次】
 はじめに
1 怒るといちばん最初に自分が汚染される
2 怒りは自分を破壊し他人を破壊する
3 生きるということは他の生命を奪うこと
4 どんな極悪人でも立ち直る可能性がある
5 すべての争いはプライドがあるから起きる
6 勝つ人は一人もいない
7 怒ろうとするとおばあちゃんの顔が浮かぶ
8 欲と怒りで心身が消耗する
9 心を具体的にとらえるには
10 日常のなかで心を観る
11 過去を思い悩むのは不幸になる訓練である
12 「わたし」も同じように移ろいゆくもの
13 自我をだしたとたん心の成長は止まる
14 ありのままの自分を明確に観る
15 解決しようとじたばたしない
16 今なすべきことに意識を向ける
17 不安の消えた状態が悟り
18 一旦停止する
19 自我は苦しみを生むおおもと
20 まず自分をととのえてから
21 他人の過失を見ずに自分を観る
22 自分が自分にたいしてひどいことをする
23 ものに依存しない生き方
24 執着が強いと重たい荷車になる
25 自分の思うがままになるものはない
26 得る道ではなく捨てる道
27 一切のかぶりものを取る
28 わたしも同様に死ぬのだと観察する
29 自分が死ぬということを覚悟する
30 こわれなければ創造はない
31 「知っている」と思う者が愚か者
32 慈悲の心を育てる
33 慈しみの心さえあれば
34 自分で生んだ苦からは逃れられない
35 小さな過ちにこそ気をつける
36 心によい癖をつける
37 自分が喜び人も喜ぶ
38 真の勇者とは
39 わたしたちは依存症にかかっている
40 依存する心と戦う
41 自分を拠り所とする
42 実践するだけで問題は解消する
43 仏を念ずる
44 法を念ずる
45 智慧があるとは心になにもないこと
46 そのつど、そのつど、気づく
47 中道とは超越道である
48 千のことばより一つの実行
49 けっして失われないもの
50 人格の完成をめざす

ISBN:9784333020447
出版社:佼成出版社
発売日:2003/10/30