商品情報にスキップ
1 1

ちえうみ

新釈法華三部経 7

新釈法華三部経 7

通常価格 ¥1,885 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,885 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
bookendbookendbookend
種類

 

収録内容……『法華経』「如来寿量品第十六」「分別功徳品第十七」「随喜功徳品第十八」「法師功徳品第十九」。立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。
※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。広大な宇宙をつらぬく永遠の生命(久遠本仏)と、私たちの命が一つにつながっていることを明らかにするのが、『法華経』の中心ともいわれる如来寿量品です。「久遠本仏の大いなるいのちに生かされていること」「いつも仏さまに守護されていること」を確信できれば、心境が変わってきます。心境が変われば生き方も変わります。そのように、すべての生命の“つながり”に気づき、自分に与えられたいのちの尊さにも気づくならば、心には一片のとらわれもなく、身のはたらきは自由自在に、日々幸福を実感することができましょう。こうして、ものの見方、考え方、行動が仏さまの教えに沿っていく喜びと功徳を、分別功徳品、随喜功徳品、法師功徳品で順に説いていきます。

庭野日敬
1906年、新潟県に生まれる。立正佼成会開祖。長年にわたり宗教協力を提唱し、新日本宗教団体連合会理事長、世界宗教者平和会議国際委員会会長などを務める。著書に『新釈法華三部経』(全10巻)『法華経の新しい解釈』『瀉瓶無遺』『人生、心がけ』『この道』など多数。1999年、入寂。

【目次】
例言

妙法蓮華経

如来寿量品第十六
開近顕遠/開迹顕本/開権顕実/迹門の中心は十如是/相/性/体/力/作/因/縁/果/報/本末究竟等/十如是の人間観の展開/仏性の平等/現実の相の違い/一念三千は中道観の極致/法華経に見る仏性平等/仏陀は仏性の完全な体現者/真如もはたらきだしてこそ価値がある/智・慈・行が揃わねばならない/本体とそのはたらき/真如/如来/仏の三身/三身一体/道場/絶対の存在/本尊の確立/近きより遠きへおよぼす/諸根/煩悩は垢である/六或示現/己身・他身/己事・他事/苦悩は向上への踏み台/皆実にして虚しからず/すべての聖賢は仏のあらわれ/仏教の包容性/宗教協力推進は仏教徒の使命/生・死・退・出/実に非ず虚に非ず/空と無のちがい/如に非ず異に非ず/今日をたいせつにせよ/自然の警告に従え/変化にとらわれてもいけない/仏事/貪著が煩悩を生む/本能は無記/なぜ仏は入滅されるのか/仏を見ざる者/仏の救いはみずから求むべきもの/恋慕渇仰/宗教の宗教たるゆえん/噓と方便のちがい/良医治子の譬え/顚倒/現象を実在と見る誤り/仏を見ぬゆえの誤り/どんな人にも仏性はある/仏性は顕現の機会を待っている/教えをあたえるにも慎重な用意/なぜ良薬を飲まないのか/背くものへも変わらぬ仏の慈悲/自行の必要/ふたたび仏を見る/宗教の極致/質直・柔輭/不自惜身命/三宝

分別功徳品第十七
信仰にはかならず功徳がある/功徳はあくまでも結果である/生きがいを知る大功徳/流通分を学ぶ心がけ/五波羅蜜と六波羅蜜の相違/四信五品/一念信解/回向/略解言趣/広為他説/深信観成/初随喜/読誦/説法/兼行六度/正行六度

随喜功徳品第十八
信仰は掛け算/五十展転/功徳の表面だけを見るな/法縁の尊さ/須臾聞法/素直で純真な心こそ

法師功徳品第十九
眼の功徳/菩薩の四無畏/耳の功徳/鼻の功徳/舌の功徳/身の功徳/意の功徳/現実生活の教えが正法に合致

ISBN:9784333014309
出版社:佼成出版社
発売日:1989/6/20

詳細を表示する