もう一人の自分 捨てることからの出発
もう一人の自分 捨てることからの出発
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, もう一人の自分 捨てることからの出発
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, もう一人の自分 捨てることからの出発

もう一人の自分 捨てることからの出発

通常価格
¥1,528  (税込)
販売価格
¥1,528  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookendbookend


立正佼成会開祖 庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)による随筆集。人は誰でも心の中に、夢と希望に満ちあふれた“もう一人の自分”がいるはずです。本書は、人間が本来持っている「可能性」に光を当て、私たち一人ひとりが〈夢に富んだ人生〉〈自信と勇気を持って人生を歩む力〉を自分の中に再発見するきっかけを与えてくれます。前向きな〈わたし〉に出会える書。

庭野日敬
1906年、新潟県に生まれる。立正佼成会開祖。長年にわたり宗教協力を提唱し、新日本宗教団体連合会理事長、世界宗教者平和会議国際委員会会長などを務める。著書に『新釈法華三部経』(全10巻)『法華経の新しい解釈』『瀉瓶無遺』『人生、心がけ』『この道』など多数。1999年、入寂。

【目次】
はじめに

第一章 変化し、関係し合う世界
1 認めざるをえない二つのこと
2 「お陰さま」といっていますか
3 茶碗の中に宇宙は宿る
4 決断を迫られるとき
5 狭くなった世界

第二章 苦しみと向き合って生きる
1 科学の進歩の恩恵を受けて
2 幸福の女神と不幸の女神
3 人間の知恵が求められる
4 科学技術と人間の神秘性
5 苦をいとうな

第三章 三つの宝を持っているか
1 「三つの宝」とは
2 いっぺん自分を捨てなさい
3 情報をシャットアウトする
4 自分の根をはやす
5 時代を超えて残るもの
6 三人行けばわが師あり

第四章 ほんとうの自分を見つける
1 もう一人の自分
2 小我と大我
3 仮の自分の奥にあるもの
4 「世界の中の自分」を見る
5 現代青年の五か条の生活訓
6 求めるものは足もとに

第五章 自分も立ち相手も立つ道
1 ともに生きるという考え方
2 両親と自分の関係
3 生かされている自分
4 罪からの目ざめ

第六章 自由を正しく存分に使う
1 何でも自由にできそうで
2 餓鬼にもいろいろあって
3 自由なのか、気ままなのか
4 自分を律するきびしさ
5 欲望から解放された自由
6 自分を叱りつける
7 「ほどほど」を教える仏教

第七章 幅の広い見方を求めて
1 自分の見方は大事だが
2 失敗は竹の節
3 失敗を生かす心得
4 一人ひとりが支えている
5 「自分の国」に寄せる思い

第八章 マイナスをプラスに転換する
1 発想をひっくり返す
2 木の声が聞こえるか
3 ハンデを跳躍台にする
4 求める意欲が大事
5 自分の中にある幸せ
6 「もう少し土俵が広ければ」
7 苦境にあって伸びる人

第九章 捨てることからの出発
1 ギリギリの状態におく
2 物を生きがいにしたのでは
3 貧乏のすがすがしさ
4 シッダールタの出家
5 捨ててこそ
6 不満より感謝の言葉を
7 家と家庭は違う

第十章 自分をどう変えられるか
1 人間はどこからきたか
2 何を変えたらいいか
3 「見る」から「観る」へ
4 死ぬつもりでいたのに
5 自分が納得できるか
6 欲があるから生きている
7 負けても喜べる強さ

第十一章 いまをどう生きるか
1 激変する社会の中で
2 いちばん確実なこと
3 臨終の事を習うて後に
4 よりよくなりたいという願いを

第十二章 日本の生きる道
1 困難が文明の生みの親
2 無一物からの出発
3 与えれば与えられる
4 なくてはならぬ日本にする

第十三章 どんな夢を持つか
1 心の開拓こそ急務
2 われこそが道をつくる
3 仕事は、選ぶ前にほれること
4 大きな夢を持て

ISBN:9784333021802
出版社:佼成出版社
発売日:2006/1/30