退歩を学べ ロボット博士の仏教的省察

退歩を学べ ロボット博士の仏教的省察

通常価格
¥0  (税込)
販売価格
¥0  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookendbookend

本書は、現代日本人の「進歩」一辺倒の思考に対して「退歩」という活路(“退路”ではありません)を提示するものです。明治の開国以来、敗戦を経て高度経済成長、バブル経済等々と進歩・発展・成長で突き進んできた日本人。その「右肩上がり」的発想は経済や社会のみならず教育、人生観などにおいても一貫したものでした。しかしながら、その「進歩」優先のひずみとして表れていたのが、おそらく「13年連続で自殺者が3万人」であり、その限界を決定的に露呈させたのが東日本大震災および福島の原発事故でした。にもかかわらず、原発事故後も政府が「成長戦略」を謳い続けているところに、日本人における「進歩」的思考の根深さがうかがわれます。 そのような状況に対して、著者が提示するのが「退歩」です。著者によれば、「進歩」一辺倒では行き詰まるというのが自然の摂理の必然であり、「進歩」と「退歩」が車の両輪のように揃って機能してこそ、真の進歩が可能となるといいます。この「退歩」とは、そもそも禅思想(道元著『普勧坐禅儀』)に由来する語で、「歩みを戻す、根本に立ち返る」が原義です。さらに禅では「退歩」を「進歩」と対比させて、「進歩」が「自己の外側のあらゆるものに着目する姿勢」を言うのに対して、「退歩」は「自分の内側、すなわち心を問題にする姿勢」を意味します。真の「進歩」のためには「退歩」が不可欠であるとともに、「自然に対する畏敬の念と敬虔な姿勢をとること」こそが、日本社会の進歩ということだけでなく、私たち一人一人があらゆる意味で豊かに生きていくための道であると説く一冊です。

森政弘
1927年、三重県生まれ。
名古屋大学工学部電気学科卒業。
工学博士。東京大学教授、東京工業大学教授を経て現在、東京工業大学名誉教授、日本ロボット学会名誉会長、中央学術研究所講師、NPO法人国際ロボフェスタ協会特別顧問、ロボコンマガジン編集顧問。
ロボットコンテスト(ロボコン)の創始者であるとともに、約40年にわたる仏教および禅研究家としての著作も多い。
近著に『親子のための仏教入門――我慢が楽しくなる技術――』(幻冬舎新書)がある。

【目次】
まえがき
第一章 「退歩」とは何か、なぜ必要なのか
ハエに学ぶ退歩
退歩とは内側のこと、心のこと
過去の前向き価値観
世の退歩調
夜の位相の到来

第二章 徹した思想「一つ」
止められなければ走れない
電気を通さない物がなければ電気は流せない
一般化
二つに分かれると悲劇、「二見に堕すな」
「一つ」にまとめる大難関
科学的知性の殻を破り、超知性の直覚へ
言葉の否定
理解と理会、表現の矛盾と理会の矛盾
「一つ」にとらわれると二見に堕す
仏の智慧

第三章 内側発想入門
授業の面白さ
鳥は電線からなぜ落ちないか
カンニングが成仏する
おばあさんの頭が悪いから
内側の状態で聞こえ方は大違い
「待ち遠しい」というのは内側発想
病を楽しむ

第四章 仏教が説く善・悪
はじめに
無記
説教強盗
転じる
除去するのではない
例題いくつか
典型例はドスとメス
善に固執すると悪になる
正反対の二つの顔
悪を善に転じる順序
一、怒らない修練
二、無記の世界への復帰
三、問題意識と「念・忘・解」
四、解の要点は制御の導入
昔の善転の例
活かすと殺すと
心を抜きにすると
ライブドア事件と三性
仏典での「転」
「三性の理」の要点まとめ

第五章 足るを知る心とゼロ成長への軟着陸
東日本大震災の教訓
知らぬ間に贅沢になっていたことへの反省
貪欲論と吾唯足るを知る
感謝の心とひとりでの節約
ゼロ成長への軟着陸

第六章 物の心を察する、物との会話
トイレにドアは不要、掃除機は見えるところへ出しておけ
念・忘・解で解けた
電線は隠すな
摩耗してゆくことが完成へ向かうこと──新品は未完成
安直には教えない教育
修理した方が良くなる物──弱さが人を育てる
物との会話と物作り
物観の向上と技道

第七章 簡秀技術と消去法
横自然力ボート
縦自然力ボート
簡秀技術
渦巻き蚊取線香
シルエットの発想
目立たないように努める役割
「退歩」の姿勢で生き抜く草
敵を味方に転じる「退歩」的操船術
消去法による技術

第八章 ディジタル化と人間の傲慢
ディジタル技術の妙味
ハイテク社会での不安感
ブラックボックス考察
プロセスと中身
ブラックボックスと技術者の育成
真理からの遠のき
人間の傲慢に対する忠告

あとがき
著者略歴
奥付
「アーユスの森新書」の刊行にあたって

ISBN:9784333025121
出版社:佼成出版社
発売日:40862