商品情報にスキップ
1 1

ちえうみ

新アジア仏教史09 チベット 須弥山の仏教世界

新アジア仏教史09 チベット 須弥山の仏教世界

通常価格 ¥4,400 JPY
通常価格 セール価格 ¥4,400 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
bookendbookendbookend
種類

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


観音菩薩が守護するチベットの歴史は、インドの正統な仏教思想を取り入れ、膨大かつ精緻な密教の修行体系を確立する歩みでもあった。また歴代ダライ・ラマの存在は仏教教理に基づく政治外交を成し遂げた。その根本に位置する独自の仏教文化、四大宗派の思想哲学からダライ・ラマ十四世の平和活動に至るまで、チベット仏教の真実を全角度から詳解する。

沖本克己・編(オキモト・カツミ)
1943年、兵庫県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科(印度哲学)博士課程中退。花園大学文学部講師、同教授、副学長を経て、現在は花園大学名誉教授。文学博士。著書に『泥と蓮 白隠禅師を読む』(大法輪閣)『趙州 飄々と禅を生きた達人の鮮かな風光』(臨川書店)など。

【目次】
第1章 古代王朝時代の諸相
第2章 後伝仏教の諸相
第3章 宗派概説
第4章 チベット仏教の現在
第5章 チベットの美術
第6章 文化―現代チベット仏教の諸相
特論 ダライ・ラマ十四世

ISBN:9784333024377
出版社:佼成出版社
発売日:2010/4/30

詳細を表示する