新アジア仏教史14 日本Ⅳ 近代国家と仏教

新アジア仏教史14 日本Ⅳ 近代国家と仏教

通常価格
¥4,400  (税込)
販売価格
¥4,400  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookendbookend

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


近代仏教は神仏分離と廃仏毀釈に始まる受難からの出発であった。近代化、そして資本主義の発展とともに顕在化する社会の矛盾。仏教はようやく新たな思想形成に着手し、禅は知識人に大きな影響を与え、新しい文学も芽生えた。明治維新と仏教、近代仏教の形成とその展開、戦争と仏教など広い視野に立つ論考から近代仏教の真実の姿を探求する。

末木文美士・編(スエキ・フミヒコ)
1949年、山梨県生まれ。東京大学文学部印度哲学科卒業、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。東京大学名誉教授。国際日本文化研究センター教授。専攻は仏教学、日本思想史。主な著書に、『日本仏教史―思想史としてのアプローチ―』『鎌倉仏教形成論―思想史の立場から―』『日本宗教史』などのほか、論文・共著・編著書等が多数ある。

【目次】
第1章 明治維新と仏教
第2章 近代仏教の形成と展開
第3章 仏教者の海外進出
第4章 国民国家日本の仏教―「正法」復興運動と法華=日蓮系在家主義仏教
第5章 戦争と仏教
第6章 戦後仏教の展開
特論 仏教研究方法論と研究史

ISBN:9784333024421
出版社:佼成出版社
発売日:2011/3/30