商品情報にスキップ
1 1

ちえうみ

構築された仏教思想 蓮如 ともに泣く求道者

構築された仏教思想 蓮如 ともに泣く求道者

通常価格 ¥1,760 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,760 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
bookendbookendbookend
種類

蓮如は、室町時代の本願寺第八代宗主で、本願寺教団を拡大させた「中興の祖」といわれます。

戦国時代のはじまりのころ、農民の自治組織が発達した時期でもあり真宗門徒による「一向一揆」が巻き起こります。
史上まれなる波乱の時代にあって、イデオローグとして、また信仰者としてどう生きたかを明らかにし、浄土真宗門徒が日ごろから読み続ける『御文(御文章)』の思想性に最新の学術研究を紹介しつつ迫ります。

佐々木隆晃
1970年生まれ。相愛大学人文学部准教授、浄土真宗本願寺派中央仏教学院講師。兵庫県・圓行寺衆徒。龍谷大学大学院真宗学専攻博士課程単位取得。浄土真宗本願寺派宗学院研究員。著書に『安心決定鈔を読む』(大法輪閣)、『野石に花咲く』(共著 永田文昌堂)、『浄土真宗の基礎知識』(共著 大法輪閣)など。

【目次】
第一章 法然・親鸞から蓮如
 1 蓮如という人―今も生きる蓮如
 2 蓮如御遠忌と蓮如研究
 3 日本浄土教の流れ―浄土仏教とは
 4 法然・親鸞から蓮如

第二章 蓮如の生涯
 1 誕生から若き日
 2 継職から伝道
 3 教団の飛躍的発展
 4 晩年の日々

第三章 蓮如思想の特質
 1 親鸞思想と法然門下―教えの要
 2 浄土異流
 3 たすけたまへ
 4 機法一体
 5 時衆・一向宗と蓮如

第四章「御文章(御文)」の世界
 1 蓮如の伝道
 2 蓮如の覚悟―継職、そして宗主として
 3 蓮如の思い―「御文章」の理念と名句解説

ISBN:9784333028795
出版社:佼成出版社
発売日:2022/8/30

詳細を表示する