〈大逆事件〉と禅僧内山愚童の抵抗

〈大逆事件〉と禅僧内山愚童の抵抗

通常価格
¥2,200  (税込)
販売価格
¥2,200  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookendbookend

 

「大逆事件」(1910年/明治43年)に連座し、37歳で刑死した禅僧内山愚童(1874-1911年)の評伝。従来、社会主義者・無政府主義者の側面が強調されてきた愚童について、彼が書き遺した著作や書簡などから、その仏教者としての実像に光をあてる。愚童は仏教思想に基づいて、明治期の国家・戦争・身分制・貧富・性差などをどのように捉え、何を訴えたのか――。明治維新から150年目を期して、時代の先を歩んだ一禅者の思想と行動がいま明かされる。巻末に註と内山愚童年譜を付す。

眞田芳憲
1937-2017年。新潟県に生まれる。中央大学法学部卒業、中央大学大学院法学研究科博士課程修了。専攻はローマ法、比較法学、イスラーム法、法倫理学。中央大学法学部教授、中華人民共和国政法大学比較法研究所客員教授、日本比較法研究所所長、法文化学会理事長、地域文化学会理事長、立正佼成会評議員、庭野平和財団理事、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会平和研究所所長、中央学術研究所顧問、芳澍女学院情報国際専門学校校長等を歴任する。2015年、瑞宝中綬章を受章する。
おもな単著に『法学入門』『イスラーム法の精神』『イラク戦争 イスラーム法とムスリム』(以上、中央大学出版部)、『イスラーム法と国家とムスリムの責任』(イスラミック・センター・ジャパン)、『日本人のためのイスラーム入門』『人は人を裁けるか』(以上、佼成出版社)、おもな訳書に『ローマ法の原理』(フリッツ・シュルツ著)『イスラーム国際法──シャイバーニーのスィヤル』(シャイバーニー著)『イスラームの国家と統治の原則』(ムハンマド・アサド著)(以上、中央大学出版部)、おもな編著に『生と死の法文化』(国際書院)等があるほか、共著や監修本、研究論文が多数ある。
(※略歴は刊行時のものです)

【目次】
はしがき――内山愚童が、いま問うているもの
第Ⅰ章 禅僧内山愚童の不服従の抵抗と殉教
第Ⅱ章 「大逆事件」と三人の僧侶
第Ⅲ章 大逆事件をめぐる関係宗門の対応と宗門内僧侶の批判的対応
第Ⅳ章 内山愚童の思想と行動の遍歴
第Ⅴ章 内山愚童と『平凡の自覚』
第Ⅵ章 「伊藤中将姦通事件」と愚童の「平凡の自覚」
第Ⅶ章 『入獄紀念・無政府共産・革命』の秘密出版
第Ⅷ章 『道徳非認論』と『帝国軍人座右之銘』(新兵諸君に与ふ)
第Ⅸ章 愚童の非暴力による不服従の抵抗運動
第Ⅹ章 内山愚童の処刑と宗内復権・名誉回復

附録 内山愚童年譜

ISBN:9784333027767
出版社:佼成出版社
発売日:2018/03/15