般若 仏教の智慧の核心
般若 仏教の智慧の核心
般若 仏教の智慧の核心
般若 仏教の智慧の核心
般若 仏教の智慧の核心
般若 仏教の智慧の核心
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 般若 仏教の智慧の核心
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 般若 仏教の智慧の核心
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 般若 仏教の智慧の核心
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 般若 仏教の智慧の核心
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 般若 仏教の智慧の核心
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 般若 仏教の智慧の核心

般若 仏教の智慧の核心

通常価格
¥1,760  (税込)
販売価格
¥1,760  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookendbookend

 

科学技術者(制御工学専攻)の立場から、仏教を学び実践することの大切さを訴え、仏教の著作も多い森政弘氏。本書は、著者が自ら体得し、体系化した仏教哲学の核心部分のみを「ノート」(覚書、注解)として著すものです。
著者の仏教思想は、光と影、陰と陽、無と有など、“この世のすべては、相反する二つのものがあって一つになっている”という合一の真理を示す「二元性一原論」に集約されます。「二元性一原論」の理論と実践が網羅的に説かれている既刊書籍『仏教新論』の姉妹本として、同書ではポイントを端的に説明しつつ、二元性一原論を支える「智慧」(=般若)の解説に特化した一冊です。
仏教を学ぶうえでの心構えから、科学的見地から仏教を考察する論理的な視点で、仏教が説く智慧の核心に迫ります。
『退歩を学べ』(2011年、6刷)、『仏教新論』(2013年、3刷)と併せて、著者晩年の“仏教哲学三部作”の完結作品。

森 政弘
一九二七年(昭和二年)、三重県に生まれる。名古屋大学工学部電気学科卒業。工学博士。東京大学教授、東京工業大学教授を経て現在、東京工業大学名誉教授、日本ロボット学会名誉会長、中央学術研究所講師を務める。ロボットコンテスト(ロボコン)の創始者であるとともに、「不気味の谷」現象の発見者であり、約五十年にわたって仏教および禅の勉強を続け、仏教書の著作も多い。紫綬褒章および勲三等旭日中綬章を受章、NHK放送文化賞、ロボット活用社会貢献賞ほかを受賞する。
おもな著書に『機械部品の幕の内弁当─ロボット博士の創造への扉』『作る! 動かす! 楽しむ! おもしろ工作実験』(共にオーム社)、『今を生きていく力「六波羅蜜」』(教育評論社)、『親子のための仏教入門─我慢が楽しくなる技術』(幻冬舎新書)、『退歩を学べ─ロボット博士の仏教的省察』『仏教新論』(ともに佼成出版社)等があり、共著に『ロボット工学と仏教─AI時代の科学の限界と可能性』(佼成出版社)がある。
(※略歴は刊行時のものです)

【目次】
まえがき
【第一章】仏教での言葉の立場
【第二章】言葉の本質と限界
【第三章】「二元性一原論」とは
【第四章】大事な仏教教義いくつか
付録(般若まとめ)
あとがき

ISBN:9784333028993
出版社:佼成出版社
発売日:2023/04/15