慈悲のかたち──仏教ボランティアの思考と創造

慈悲のかたち──仏教ボランティアの思考と創造

通常価格
¥2,420  (税込)
販売価格
¥2,420  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookendbookend

 

東日本大震災以降、仏教者の社会貢献の重要性が問われてきている…幾度も被災地に足を運び、おおくの人々を取材。確固たる信頼をえたうえでの記事執筆である。仏教ボランティアの現場に立ち続ける著者ならではの、新鮮な視点。

大菅俊幸
公益財団法人 シャンティ国際ボランティア会(SVA)専門アドバイザー、曹洞宗総合研究センター講師、専門は臨床仏教研究。 
1950年、宮城県石巻市生まれ。駒澤大学大学院仏教学専攻修士課程修了。 
高校教員などを経てシャンティの創立者有馬実成師に共鳴し、NGOの世界へ転身。仏教精神に根ざした社会貢献活動(仏教ボランティア)を探求してきた。主として国内事業、広報畑で活動。有馬実成研究がライフワークの一つ。 
著書に、『泥の菩薩─NGOに生きた仏教者 有馬実成』(大法輪閣)、編著に『ピーマイ・ラオ』『タイ・やきものロードをゆく』『スバエクの物語』『ラオス・古都紀行』『ラオス山河紀行』(いずれも現代企画室)などがある。
(※略歴は刊行時のものです)

【目次】
「発刊によせて」奈良康明(曹洞宗大本山永平寺西堂・駒澤大学名誉教授) 
はじめに 
第一章 悲しむ力、苦しむ力 
第二章 仏教ボランティアのまなざし 
第三章 現場ファーストの宗教へ 
第四章 スピリチュアリティ再発見  
あとがき 

ISBN:9784333027682
出版社:佼成出版社
発売日:2017/09/30