禅の名著を読む

禅の名著を読む

通常価格
¥1,708  (税込)
販売価格
¥1,708  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookend

『無門関』『十牛図』『碧巌録』『臨済録』…禅の思想を伝える名著の解説が、この一冊に凝縮。著者が僧堂で修行した体験を織りまぜ、平易に禅思想ひもとく“悟り”への入門書。

細川景一
昭和十五年、愛知県に生まれる。
昭和二十七年、臨済宗妙心派龍雲寺住職、細川宗源師を頼って上京し、得度。
昭和三十八年、駒沢大学仏教学部卒業後、臨済宗妙心寺専門道場にて禅修行。
昭和五十一年、龍雲寺住職に就任。
平成六年、禅文化研究所理事長に就任、花園大学講師。
著書に『白馬芦花に入る』(柏樹社刊)、『坐禅入門』〈文・臨済会編〉(佼成出版社刊) がある。
(※略歴は刊行時のものです)

【目次】
まえがき
第一話 『無門関』を読む——「無」は心と体で理解する
第二話 『十牛図』を読む——悟りに至る十のプロセス
第三話 『碧巌録』を読む——宗門第一の書
第四話 『臨済録』を読む——大慈大悲と大碧を併せもつ「語録の王」 

ISBN:9784333017737
出版社:佼成出版社
発売日:2005/11/15