己を忘れて 他を利する 山田恵諦法話集

己を忘れて 他を利する 山田恵諦法話集

通常価格
¥1,602  (税込)
販売価格
¥1,602  (税込)
通常価格
 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。
bookendbookend

 

百寿。天寿を全う、大往生された山田恵諦、第253世天台座主の最後の法話集。生と死の問題、健康、平和、社会・経済問題などへの提言、人生の指針となる智慧と言葉があふれている。

山田恵諦
明治二八年、兵庫県に生まれる。
明治三七年、出家得度。
大正九年、天台宗西部大学卒業。
比叡山延暦寺執行、天台宗教学部長、滋賀院門跡住職等を歴任し、昭和四九年、第二百五十三世天台座主に上任。
主な著書に『傳教大師と法華経』『道心は国の宝』『和して同ぜず』『生きる生かされる』等がある。(※略歴は刊行時のものです)

【目次】
第1話 生ききってこそ、死にきってこそ(生死観)
第2話 世界平和と宗教協力(平和観)
第3話 「物の国」と「心の国」(社会観)
第4話 『法華経』の教え(法華経観)
第5話 自然との「共生」と人間の使命(自然観)
第6話 心の誇り、心の美しさ(人間観・道徳観)
第7話 明るく、楽しく、たくましく(人生観)
第8話 私の健康法(心身観)
第9話 家庭と教育について(教育観)
第10話 比叡山の教え(宗教観・仏教観)

ISBN:9784333017102
出版社:佼成出版社
発売日:1994/10/10